0

Backup Exec ストレージプールで空き容量が大きいメディアを選択させる

Veritas Backup Execでストレージプールを構成して複数のNASをプールするだけでは空き容量が多いNASを選択してくれないので、設定を変更する。

その方法は以下の手順 (Backup Execのバージョンは20.0)

1. PowerShellにBackupExecのモジュールを登録する
PS C:\>Import-Module BEMCLI
2. 現在の設定情報の確認

PS C:\> Get-BEStorageDevicePool|fl

Name : Storage device pool
Id : 12368917-c195-4d49-b424-245d88d456ea
StorageType : DiskStorageDevicePool
MemberDevices : {NAS1 (192.168.10.241), NAS2 (192.168.10.242)}
Description :
IsSystemDefined : False
SelectionMethod : Default
UsesDataLifecycleManagement : True
3. “SelectionMethod”を変更
PS C:\>Get-BEStorageDevicePool -Name "Any disk Storage" |Set-BEStorageDevicePool -SelectionMethod MostFreeSpaceFirst

最後にもう一度 2. を実行して SelectionMethod が MostFreeSpaceFirst になっていることを確認して完了。

Kusa Naggie

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です