Plesk 11.5.30 を 17.3.5 にアップグレードで冷や汗!

投稿者: | 2019年10月20日

専用サーバー契約で借りているサーバーで使っているPleskのアップグレード

CentOS6 + Plesk 11.5.30 が契約当初の環境
この環境のまま使い続けて久しいのでPHP7を使いたいという要望に応えてPlesk 17.3.5にアップグレード実施。
事前準備として万が一のためにすべての「契約」(Plesk用語です)のバックアップをダウンロードして備えておきます。
他に出来ることと言えば、念のためのサーバー再起動くらいでしょうか。

で、https://xxx.xxx.com:8447 からアップグレードを実施。
で、pre checkでメールのパスワードが暗号化されているユーザーがいるとか言われたので対応。
これは画面に参照URLが出てきたのでそれを見ながら対応。
https://support.plesk.com/hc/en-us/articles/213396449

次にbootstrapが云々というwarningが出たけどこれはwarningだからということで無視して進むことに。

でいよいよ本番に入ったところで、エラーでアップグレード中断。

こんなメッセージが

Starting sw-engine-fpm:  done
 Starting drwebd service… failed
 [2019-10-20 01:54:09.969714] Execute command /usr/local/psa/admin/bin/send-error-report install --version 17.5.3
 [2019-10-20 01:54:09.987806] Error: Yum ユーティリティの実行に失敗しました
 Yum ユーティリティが、必要なパッケージのインストールに失敗しました。
 注意! ソフトウェアが操作不可の可能性があります
 製品のテクニカルサポートまでご相談ください。

/var/log/plesk/install/autoinstaller3.log で確認すると、こんな記述を発見。

Fatal error during packages installation: [u'ERROR with rpm_check_debug vs depsolve:', 'perl(MIME::Lite) is needed by perl-SOAP-Lite-0.710.10-4.el6.noarch', u'Please report this error at http://bugs.centos.org/set_project.php?project_id=19&ref=http://bugs.centos.org/bug_report_page.php?category=yum']

この記事を参考に以下を実施してアップグレード再開。
https://support.plesk.com/hc/en-us/articles/360005104873-Plesk-update-or-upgrade-fails-perl-MIME-Lite-is-needed-by-perl-SOAP-Lite-0-710-10-4-el6-noarch

# yum install perl-MIME-Lite

で無事アップグレード完了。
でもググっても解決策が見つからないときはマジで焦る。

と、ここで一件落着と思ったところに緊急コール。
メールが受信できないとのこと。
Pleskでcourier-pop3dの起動を試しても起動できず。
シェルで service courier-pop3d start やってもすぐ落ちる。
service courier-pop3d status やると、
courierlogger が停止していますが PID ファイルが残っています
とか。
/var/run/pop3d.pidとかを削除しても解決せず。
キーワード “plesk courier-pop3 not start” でググって
この記事見つけて対応。
要は、TCPポートの 110, 143, 993, 995をportreserve が横取りしてたと。
で、service portreserve stop, chkconfig portreserve off で解決。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。