0

One-to-One NAT on SonicWall TZ300

SonicWall TZシリーズでは WAN I/F X1には1つのIPアドレスしか割り当てする画面がない。
が、Public Server Wizardを使うか、手動で Address Object や Service Object を作成してNATを作成すれば One-to-One NATを構成することができる。

LAN側の複数のIPとOne-to-One NATを構成する場合には、下記2つの方法のいずれかを検討する必要がある。

複数のWAN IPとLAN側のそれぞれのIPとマッチさせてNATする

  1. 例)WAN IP 51.x.x.87 -> LAN IP 192.168.1.87 に変換(ポート変換、制限はオプション)
    WAN IP 51.x.x.88 -> LAN IP 192.168.1.88 に変換(ポート変換、制限はオプション)
    WAN IP 51.x.x.89 -> LAN IP 192.168.1.89 に変換(ポート変換、制限はオプション)
  2. 1つのWAN IPを使用し、外部からのアクセスポートを複数用意してそれぞれのポートをLAN側のIP毎に別のポートに変換させてNATする例)外部からWAN IP51.x.x.88に対して TCP 81,82,83 それぞれでアクセスリクエストが来ると、
    TCP 81 -> LAN IP 192.168.1.81 TCP 80(HTTP)に変換
    TCP 82 -> LAN IP 192.168.1.82 TCP 80(HTTP)に変換
    TCP 83 -> LAN IP 192.168.1.83 TCP 80(HTTP)に変換

Kusa Naggie

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です