0

Event ID 12289 WIDWRITER cannot be found Windows Server 2016

Application Eventに毎日大量のEvent ID 12289が出る。

“WIDWRITER cannot be found.”とのことだがGoogleで検索してもなかなかヒントが出てこない。

—eventの内容—

The description for Event ID 12289 from source WIDWRITER cannot be found. Either the component that raises this event is not installed on your local computer or the installation is corrupted. You can install or repair the component on the local computer.

If the event originated on another computer, the display information had to be saved with the event.

The following information was included with the event:

RegOpenKeyExW(FFFFFFFF80000003,S-1-5-21-1204564293-875896467-165283079-500\Software\Microsoft\Microsoft SQL Server\UserInstances,…)
0x80070005

Event ID 12289とWIDWRITERで検索してもなかなかヒントが出てこないが、SQL 0x80070005で検索すると”access denied”というのが散見される。
と、いうことはアクセス権かなにかか、と思い Group Policy Management -> Default Domain Contollers Policyで以下を確認。
Default Domain Controllers Policy -> Computer Configuration -> Policies -> Windows Settings -> Security Settings
-> Local Policies -> User Rights Assignment -> Log on as a service

WIDWRITERが見つからないと言っているので、Log on as a serviceに ”NT SERVICE\MSSQL$MICROSOFT##WID”を追加。
gpupdate /force を実行してしばらく(数時間~数日)様子を見ることにする。

#6時間後にApplication Eventを見たが今のところエラーは出ていない。
#追記:現象再発。未だ解決せず。0x80070005はaccess dinedの意味ということはわかった。

Kusa Naggie

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です